暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

仮想通貨の仕手やパンプを見分ける方法

f:id:moneygamex:20180304132603j:plain

仮想通貨は法整備がされておらず未成熟な市場である。仕手が行なう「PUMP and DAMP」なども普通に行なわれている。

そこで、本日はその見破り方をご紹介したい。

 

 

 

仕手行為とは?

 ある仮想通貨を煽(あお)ることで価格を一時的につり上げる「パンプ(ふくらませる)」をした後、そのつり上がった価格で売り抜ける「ダンプ(捨てる)」を行うことによって利益を得ること。「PUMP and DUMP」ともいう。

 つまり、良し悪しに関わらず適当に仮想通貨を選び、安い時期に仕込んでおいて買い煽り、上がったところで全てを売り抜ける行為である。

 

PUMP and DUMPを行なう人(グループ)の特徴として、他通貨の批判をして、そのPUMPしたい仮想通貨をすすめてくる。他には、買い煽りをしていたのが売り抜けの際、急にその通貨の批判をし始める。

即効性のあるTwitterやLINE、Discordなどでそれらの行為を行なう傾向がある。

 

apptimes.net

海外では特に問題になっており、CFTCが注意喚起を行なうほどである。

「ソーシャルメディアの情報や急激な価格上昇に基づいて仮想通貨や、デジタルトークンを購入すべきではありません。仮想通貨、デジタルトークン、それらの背景にある企業や団体を徹底的に調査して、事実なのか詐欺なのかを見極める必要があります。」

~略~

仮想通貨の知名度が上がるに連れて詐欺も増えてきた仮想通貨業界。結局のところ、仮想通貨やブロックチェーン技術がどんなに優れた最先端であろうが、詐欺はほかの投資詐欺と大して変わらないのです。無垢な個人に「こうすれば儲かる。」と信じ込ませて金を盗んでいく手口は、昔から変わらないということです。

今年も特に草コインで増えてくる行為だと感じている。

そして、最近のオレオレ詐欺のように「PUMP and DAMP」を複数人、つまりグループで行なったものが増えてくると感じている。

 

誰々が言っていたというのは、基本的には危険。

自分がピンとこないものには投じる必要はない。

 

そもそも安い方がたくさん買えたり、マイニング効率が上がる。草コイン、特に初期段階のものは下がったほうが良い。

 そして、良いものは最終的に上がる。その通貨の良さを伝えるならともかく、すでに市場に出ている他通貨を落としめて買い煽る必要もない。

すでに複数の取引所等で扱われている他通貨を批判してまでも買い煽りをするのは、自分の持っている仮想通貨、いや、自分自身に自信がない証拠でもある。

 

 

仮想通貨の仕手を判断する方法

f:id:moneygamex:20180304120309j:plain

仕手、「PUMP and DAMP」の判断は、取引高を見るだけである。

「PUMP and DAMP」は取引高が圧倒的に低い

 

あなた良いと思って購入しようと思っても、この状態では通貨の良し悪しに関わらず購入しない方が無難。落ちてから購入することを推奨したい。

 

f:id:moneygamex:20180304121140j:plain

https://coinmarketcap.com/currencies/litecoin/historical-data/

とはいえ、草コインの場合は、もともとの出来高も低すぎたケースもある。

マーケットキャップ(https://coinmarketcap.com/)では「Historical Data」で普段の取引高も確認できるので、それも参考にしてみると良いだろう。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング