暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

伸びそうな仮想通貨の情報収集~関係性~

f:id:moneygamex:20180227162646j:plain

仮想通貨は毎日のように大量に生み出されており、全てを調べるのはなかなか大変だ。

そこで、僕が行なっている数多くの仮想通貨の中から将来性のありそうな仮想通貨の見つけ方を紹介したい。今回は関連性をテーマにした。良かったら見ていって欲しい。

 

 

伸びそうな仮想通貨の情報収集~関係性~

取引所間の関係性

f:id:moneygamex:20180225151411j:plain

https://www.binance.com/vote.html

現在、BINANCEの上場投票が行なわれている。

このBINANCEは、取引高世界一であり、その上場候補に挙がっているものは将来性があるものが多い。

 

f:id:moneygamex:20180225153302j:plain

例えば、今回のノミネートにある1番上のDent(https://www.dentwireless.com/#Home)は、関係するPLDTがソフトバンクのブロックチェーングループであるCBSGに参加したということでソフトバンクと関係性を持ち、面白くなりそうな銘柄である。

 

また、現在1位であるElastos(ELA)(https://www.elastos.org/)も新しいインターネットを目指すということで面白い。

例えば、ゲームの売買で、パッケージ版はゲーム屋で売れるが、ダウンロード版は現在は売れない。しかし、ELAでは、ダウンロード版のゲームも売れるようになる。

音楽や電子書籍なども著作権の譲渡で売買できるようにするという面白そうな通貨だ。

 

しかし、こうして上場候補になると、価格が大きく上昇する傾向にある。これは知名度を上げたことにより上昇したと言える。

 

これらの仮想通貨は今後も伸びる可能性が高いが、上場候補前の安い時期に購入しておきたいのが本音だろう。

 

このノミネート銘柄を見てみると、HoubiやHitbtc、Kucoinなどの中国、香港系の取引所からの上場ノミネートが非常に多い。恐らく、ノミネート銘柄は全ての取引所から選んでおらず、何か関連性(傾向)がある。

 

BINANCEは、上場投票なしで上場する銘柄もある。

例えば、上のRPXなどがそうだ。

 

 

f:id:moneygamex:20180225160032j:plain

Red Pulse (RPX) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

もともとRPXはKucoinやHoubiなどの取引所に上場しており、RPX自体は中国系の仮想通貨である。

 

 Kucoinの銘柄がバイナンスに上場していることもあり、次にKucoinに上場する仮想通貨を見てみた。

上場銘柄は、公式ツイッター等で確認できますが、IDEX、Biboxなどの日本では聞いたことのない取引所からの上場が多い。

 

24 Hour Volume Rankings (Exchange) | CoinMarketCap

上のページの仮想通貨取引所のランキングを見ると強弱関係を知ることができる。

 

f:id:moneygamex:20180225162922j:plain

こうして上場やノミネートの取引所間の関係性を調べていく。下の方にある取引所ほど取引高が少なくリスクもあるが、上の取引所の上場チャンスも秘めており伸びやすい。

あまり知られていない取引所、さらに急騰、急落のとき意外(※)でも普段から出来高の高い仮想通貨は、注目度が高くポテンシャルを秘めている。昨年、万倍になったXPやVergeなどの仮想通貨は全てこれに該当する。

 

(※)急騰、急落時は一時的に出来高が上昇しやすい傾向がある。平常時の普段から出来高が高いものを推奨したい。

 

 

国の関連性

全体的に中国系の取引所は、やはり中国系の通貨が上場しやすい傾向がみられる。

日本でも国産のモナコインが日本のビットフライヤーに上場して急上昇したこともある。どの国の仮想通貨なのか?ということも考慮に入れておくと良い。

日本は特に海外の仮想通貨の上場には厳しいので、国産通貨に目をつけるのも面白い。

ただ、現状では仮想通貨を取引する人は多いものの日本の取引所の力はまだ弱い。現状は中国や香港、米など取引所が上位を占めており、これらが大きく市場に影響を与えて有利かなと感じている。

 

 

人間、企業との関係性

有力な人物や大きな企業が背後にある仮想通貨は、その通貨の良し悪しに関わらず、直ぐにどこかに上場してほぼ確実に1度は大きく上がっている。

Hitbtcなどは金銭で上場できるので、最初からバックアップのある仮想通貨は序盤は強い。

 

f:id:moneygamex:20180225165147j:plain

例えば、BCHのロジャーバーが初めてICOのアドバイサーになったNAGAコインはいきなりHitBTCに上場、ICO価格の3倍以上を達成した。

こうなって元金分を売れば、この後にどうなっても損はしない。

ある程度、平等な形でICOを行なった仮想通貨のチャートは大抵はこうなっているため、1度上がったら全て売り抜ける方も多い。

 

特にICOなどは人間関係企業のバックアップなどを見て、良し悪しに関わらず上場後に上昇したら売れば利益は出る。

ただし、企業のバックアップなどは嘘も多いので注意が必要だ。

 

このように国家や取引所間、人間の関係性を考えて投資していくのも効果的だ。

 

 

アルトコインの危険性

アルトコイン、特に時価総額の低いものは元々の資金が集まっていないためにその上昇率が強く何倍にもなる。

例えば、1→2にするのは1必要だが、100→200にするのは同じ倍でも100必要となり大変だ。よって、1のような仮想通貨を選んだほうがお金は増やしやすい。流動性があるなら動き易いので尚更である。

 

しかし、今のように仮想通貨全体から資金がぬけている状態で投資するのは、リスクも高い。先ほどの逆で2→1となるには1だが、200→100にするのは100必要。下落時は逆に時価総額の大きいほうが安定しやすい。

 

下落から回復時は、様子見、もしくはある程度大きなものに投じていくのが王道。

 

 

 最後に

本日の関係性を見る方法は有効だ。

ICOなどは特に効果的である。例えば、世界的企業であるアマゾンが仮想通貨のICOを行なったら誰でも上がると誰でもわかる。バックが強いICOは初動は強い。

 

ただし、革命(イノベーション)を起こし、大きな成果を挙げるのは、後ろ盾のない仮想通貨である。ビットコインも元々、後ろ盾は何もない。産みの親であるサトシナカモトさんも今だに誰かわかっていない状態だ。

ただ、常軌を逸して伸びるものはこういう通貨であるものの、これらを選ぶには仮想通貨自体の数が多すぎたり、判別が非常に難しく運もからむ。

 

 

もともと大きな力が背後にあった方が信頼されやすく安定しやすいので、こういう運も必要な常軌を逸したものを探すよりは、流れに逆らわず関係性を見て確実に伸びそうなものに投じる方法も有効である。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング