暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

2018年2月以降も仮想通貨のハードフォーク祭り、いったいどこまで続くのか?

f:id:moneygamex:20180215184203j:plain

今年も仮想通貨のハードフォーク祭りが継続しそうだ。

 

 

BTCPが誕生予定

今年も次から次へと新しいビットコインが誕生している。

 

f:id:moneygamex:20180214193557j:plain

直近では、Zcashの匿名性を持ったビットコインプライベート(BTCP)が生まれる。日本時間にすると2月28日頃。

 

主な特徴として 

・ブロック生成間隔2.5分 ライトコイン(LTC)と同じ

・ブロック数は2MB(ビットコインの2倍)

・匿名性を持った通貨

などが挙げられる。

 

f:id:moneygamex:20180214194101j:plain

ハードフォークが発生した際、すべての ZCL と BTC の保持者のスナップショットをとる。ZCL もしくは BTC をウォレットに保持している人、もしくはハードフォークをサポートする取引所に保持している人は BTCP を 1:1 の割合で受け取ることができる。

例えば、あなたが 15.4 ZCL を保持している場合、15.4 BTCP が受取可能。 

 

f:id:moneygamex:20180214194700j:plain

ZClassic (ZCL) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

ZCLでもBTCPがもらえるということでZCLが暴騰中。

 

BTCPの受け取れる取引所として世界一の仮想通貨取引所になったBINANCE等があるようだ。 しかし、BINANCE公式からの発表はまだない。

 

coin-otaku.com

 今年もビットコインのハードフォークラッシュが続き、50回以上も分岐するようだ。

 

 

他仮想通貨のハードフォークも

 今年はビットコイン以外も次々と仮想通貨のハードフォークが行なわれる。ライトコインもハードフォークされるようだが、ライトコインの生みの親であるチャーリー・リーは否定している。

 

 

ハードフォークに関して

これだけハードフォークが乱立すると、僕は今後はハードフォークの影響は徐々になくなっていくと感じている。現状のハードフォークは元の仮想通貨の知名度を利用して価値を上げているだけである。

 

ハードフォーク等で公式を装い、財布を用意して、そこに資金を集めたり、秘密鍵を聞き出して仮想通貨を盗み取る詐欺も増えている。公式を装っていますので、安心して仮想通貨を預けてしまい詐欺に合う者が後を絶たない。

 

f:id:moneygamex:20180214200824p:plain

特にライトコインは生みの親が全て詐欺とみなしている。ライトコインのハードフォークに関するものは止めた方が良い。

 

全ての内情を確認したわけではないし、将来化ける可能性もあるので「するな」とは言わないが、現在のハードフォークで知らないウォレット等に元の仮想通貨を移すことは非常にリスクが高い。僕はやらないが、やる人は注意して欲しい。特に秘密鍵は絶対に公開してはいけない。

 

また、カウンターパーティ(XCP)のようなまだ公式でアナウンスがない噂で広まっているようなエアドロップ情報もある。

 

そのハードフォークが有効かどうかの判断材料として、1番良いのは公式ページにハードフォーク情報があるかどうか?ということを重視されると良い。

 

forum.ethereumclassic.org

例えば、イーサリアムクラシック(ETC)のハードフォークで生まれるCallisto(CLO​​)は公式ブログで記載されており信頼度が高い。

・・・もっとも、遅延や延期する可能性もある。

 

そろそろ、元の仮想通貨に頼らずに全く新しい通貨を生み出して欲しい。ハードフォークで新しい仮想通貨が生まれても最初は価値を持たないことが当たり前になることを望んでいる。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング