暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)にてハッキング被害、歴代最高の580億円相当のNEMが流出

f:id:moneygamex:20180127180609j:plain

ビットコイン現物取引量No'1の国内の取引所コインチェックにて、歴代最高額である580億円相当のNEM(XEM・ネム)がハッキング被害を受けたことが明らかになった

 

被害総額580億円以上!仮想通貨歴代最高額が流出

www.youtube.com

国内仮想通貨取引所であるコインチェックが仮想通貨NEM(ネム)のハッキング被害を受け、580億円相当が流出した。

 

現在、コインチェックでは、日本円含め、全ての仮想通貨が入出金停止中である。

今回のハッキングにより、コインチェックが破たんしてしまうという噂もあるが、今後どうなるのかはまだ不明。現在、静観中だ。

 

約5.2億XEM(約580億円相当)がハッキングされ、残ったのは1XEMほど。すなわち、ほぼ全てのNEMがハッキングされたことになる。

なお、他通貨への被害はないようだ。

 

 昨日の23:30頃、AmebaTVで記者会見が行なわれた。

 

 

 

売買停止トラブル記者会見

www.youtube.com

コインチェックがコイン(仮想通貨)をチェックしていないという管理の甘さが今回の流出を引き起こしたと言える。

 

 

オンライン上にほぼ全てのNEMを置いていた

f:id:moneygamex:20180127122434j:plain

サービスの安全性 | Coincheck(コインチェック)

コインチェック取引所は、オフライン上にあるコールドウォレットで仮想通貨を管理していると公式ブログでも記載がある。

 

しかし、今回、被害にあったNEMは、コールドウォレットではなくホットウォレットに入っていたことが判明した。

また、NEMは「マルチシグ」という秘密鍵が複数存在しており、よりセキュリティを高める機能があったが、コインチェックはそれも導入していなかった。

 

コインチェックがハッキングされてようやくわかったことだが、今まで嘘をついていたことになる。これは自分の中ではアウト。ゆえに記事は残しておくが、本日以降はコインチェックの紹介は取り止める。

ただ、コインチェックにはアルトコインについて学ぶ機会を与えてくれたことに感謝している。買収されたりNEMが戻ってくれば、また復活する可能性はある。

 

 

ネム財団、ハッキング解決へ「数時間で事件は解決する」

f:id:moneygamex:20180127123539j:plainhttps://coinbusiness.jp/n/n127fcf2a3e99

一方で、ネム財団がコインチェックのハッキング解決に乗り出している。5.2億枚ものNEMが流出したことはNEM側にとっても大きな被害になる。なぜならこれだけの枚数を1度に売られてしまうと確実に相場は崩れるからだ。

 

NEMのコミュニティでは、流出資金の自動追跡プログラムの開発を開始、「数時間で事件は解決する」と述べている。

 

まずは盗まれたXEMを追跡するタグをつけるシステムを24-48時間で完成させて、売れなくするということだ。取引所の問題で起こったハッキングだが、NEM側の活動にも期待したい。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング