暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

伸びそうな仮想通貨の情報収集~CoinmarketCap編その2~

f:id:moneygamex:20180113163515p:plain

仮想通貨は毎日のように大量に生み出されており、全てを調べるのは労力が必要になる。そこで、僕が行なっている数多くの仮想通貨の中から将来性のありそうな仮想通貨の見つけ方を紹介したい。今回は、CoinmarketCap編の2回目になる。良かったら見ていって欲しい。

 

 将来性のありそうな仮想通貨の見つけ方 ~CoinmarketCap編その2~

以前の記事では、コインマーケットキャップで単価の低い仮想通貨を狙うという方法であった。今回もコインマーケットキャップを使うのは変わらないが、その仮想通貨が売買できる仮想通貨取引所に注目していこう。

 

マイナー取引所でしか扱われていない仮想通貨でも、人気を得て時価総額を上げれば注目され、多数の大手取引所で扱われるとかの価値は一気に上昇する傾向が見られる。国産のモナコインがビットフライヤーさんで扱われた時などが典型的だ。これは、スポーツ選手が無名のチームからビッククラブに移籍した時に一気に市場評価を上げるようなケースに近い。

 

本日のやり方は、時価総額が高い順に手当たり次第に調べるので少し面倒なやり方かもしれないが、それゆえに行なっている方は少ないと感じている。

 

以下、手順。

f:id:moneygamex:20180112152901j:plain

コインマーケットキャップに進みます。

前回は時価総額が低めのものを狙いましたが、できるだけ時価総額上位から探していきく。時価総額上位で大きな取引所にない仮想通貨は、生まれたばかり、もしくは取引所に上場できるコネや資金等がない可能性がある。それでも上位にいることは、非常に期待されているor高いポテンシャルを秘めている可能性がある。

 

f:id:moneygamex:20180112154803j:plain

今回は、時価総額ランキング55位のMediBloc(MED)(※)を例にあげていこう。

まずは、赤枠の「MediBloc」部分をクリックする。

(※)あくまでも一例。僕は、まだMediBloc(MED)は購入していない。

 

f:id:moneygamex:20180112155244j:plain

MediBloc(MED)のページが表示されますので「Markets」赤枠)をクリック。すると、売買可能な取引所(青枠)が表示される。この取引所を見て、取り扱っている取引所の少ない仮想通貨が狙い目になる。

なぜなら、時価総額が順調に上がっていくと注目され、取引量が増えて上場しやすくなる。この仮想通貨も仮に大手で取り扱われれば一気に上昇する可能性がある。

 

次に売買されている取引所の規模を調べてみよう。

 

青枠の記載されている取引所がどれくらいの規模なのかは、https://coinmarketcap.com/exchanges/volume/24-hour/で調べられる。

f:id:moneygamex:20180112160412j:plain

調べて見ると、Gate.ioの規模は世界では中堅~やや上の取引所にあたる。この仮想通貨がより大きい取引所に上場したら、一気に上がりそうな可能性は秘められている。

 

f:id:moneygamex:20180112160803j:plain

良さそうならWebサイト(青枠)の部分から詳細を調べていくと良いと思う。

 

f:id:moneygamex:20180112161112j:plain

どうやらMediBloc(MED)は、現在の医療問題を解決するための仮想通貨のようだ。

 

時価総額が高くまだ大きな取引所に上場していない仮想通貨は、上場すると一気に価格を上げるという仮想通貨の傾向を見て、それならば、評価は高いけれどもまだ大きな取引所に上場していない仮想通貨を探す、というのが今回の記事である。

 

個人的には1~200位くらいの仮想通貨を調べていくと良い。評価は高いけれども多くの取引所で扱われていない仮想通貨も眠っている。

 

 

f:id:moneygamex:20180112155501j:plain

ただ、MediBloc(MED)のチャートを見ると昨年の12月頃に上場したまだ新しい仮想通貨のようだ。多くの仮想通貨にいえますが、最初は、目新しさの期待で注目を集め、取引高が増え、価格が跳ね上がることがある。

 

f:id:moneygamex:20180112162429j:plain

medium.com

 

また公式ブログを見ると、ICOでかなりの資金を集めており、売れ残った分はバーンしていましたので、ここらへんも時価総額ランキングで上位にいる要因になっている。

余裕があればICOでどれくらい資金を集めたのか?新しい通貨かどうか?等も確認しておくと良い。

 

 

最後に

現状の仮想通貨は、大きな取引所に上場すると大きく価値を上げる傾向にある。それは、マイナーな通貨であるほど顕著だ。

取引所の上場条件として、単にその通貨が素晴らしいかどうかだけではなく、

・投票

・お金

・コネ

などの要因もある。

 

一方で、ポテンシャルは高いものの、大きな取引所に上場できない仮想通貨も数多く存在している。とはいえ、本当に良い仮想通貨は、遅かれ早かれ注目を集めて上場する。

よって、ある程度は評価されているものの、まだ大きな所に上場していない可能性のありそうな仮想通貨を今から探してみるのも面白いと感じている。

 

ただし、仮想通貨は上場することがゴールではない。世の中に利用されなければいずれ価値は落ちる。ここはご理解下さい。

 

 

以前の記事

伸びそうな仮想通貨の情報収集~CoinmarketCap編~

www.crypto-currency.work

 

伸びそうな仮想通貨の情報収集~Twitter編~

www.crypto-currency.work

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング