暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

ビットコインの価格予想、2017年11月初旬は更に最高値を更新とゴールドマンサックスが予想

f:id:moneygamex:20171020154440p:plain

またまたゴールドマンサックスがビットコインの価格予想をしたことが話題になっている。

直近のビットコイン価格を予想(By ゴールドマンサックス)

f:id:moneygamex:20171107130331j:plain

Goldman Sachsは、過去最高のデジタル通貨で約600ドルの下落にもかかわらず、ビットコインが新しい記録を達成すると予想しています。

シカ・ジャファリ銀行のFICCマーケットストラットチーム担当副社長は、「市場は6,044を超えて以来、衝撃的な集会の証拠を示している」と述べた。"次の焦点[$] 7,941。それ以上に続く前にそこに集結するかもしれない。

www.cnbc.com

要約すると、ゴールドマンサックスによるビットコインの価格予想は、これから90万ほどまで上昇し、最高値を再び更新するということだ。詳細は、上リンク先の記事にて確認して欲しい。

www.crypto-currency.work

www.newsweekjapan.jp

ゴールドマンサックスといえば、以前、ビットコインの暴落で30万近くまで下げることを見事当てた。すでに以前から在籍していた600人のトレーダーがたった2人になっていることは有名。外れることで有名なゴールドマンサックスが最近当たる予想は、ひょっとしたらAIの解析なのかもしれない。

 

 

B2X情報と今後

f:id:moneygamex:20171107132855j:plain

https://coinmarketcap.com/all/views/all/#JPY

B2X先物で1枚のB2Xが16万以上とまだまだ元気。マイナーの動き次第では、B2Xはメインになる可能性もある。従って、僕はビットコイン買戻しの動きが分岐直前であると思っている。

仮想通貨取引所のコインチェックなどはB2Xの返済義務があり、分岐直前はショートしづらいので、よほど上げすぎない限りは、分岐直前ではアルト→ビットコインに移ると思っている。

f:id:moneygamex:20171107134554j:plain

Coin Dance | Bitcoin Block Details

マイナーさんのB2Xの支持率は83.0%。支持は落ちてきているが、このままだとB2Xへの分岐が起こりそうだ。

f:id:moneygamex:20171107135040j:plain

2x Countdown

カウントダウンサイトを見ると、17日の朝2時頃にハードフォークされそうだ。少し遅れてきているが、この日付はあくまでも目安。494784ブロックに到達した瞬間にハードフォークが起こる。

 

 

B2X問題で真のガチホ力が試される

f:id:moneygamex:20171107133812j:plain

まさにB2X分岐時点で、その仮想通貨の真のホールド(ガチホ)力がわかりそうだ。

分岐で1BTCを持っているだけで16万円近くになるB2Xが追加され、かつ、暴落の危険性もありながらアルトコインを所持することになる。目先の利益とリスクがありながらアルトコインを持ち続けているわけである。

ゆえに、今度のビットコインの分岐で本当にそのアルトコインを信じている者がどれだけいるか知ることができる。分岐直前に大きく下がるようでは、そのアルトコインは投機目的で購入している者が多く、将来があまり期待できないのかもしれない。

 ライトコインの生みの親であるチャーリー・リーは、B2X後にアルトコインは99%の確率で上がるとツイートしている。これまでBTC建てで、随分と下げており、反発はあると思われる。しかし、本格的な上げはB2X問題が落ち着いてからだと思う。

cryptocurrencymagazine.com

ビットコインが高騰する際、アルトコインはBTC建て、円の両方で大きく下落する傾向がある。現状のアルトコインは下がりすぎて、反発するものが見られるくらい下落気味だ。特にBTC建ては厳しい状態である。

しかし、アルトコイン自体は問題はなく、ビットコインのお陰で下がっているわけであり、ビットコインの問題が解決したら再び急騰する可能性もある。いま下落しているアルトコインを下で拾っている方が後で大きな恩恵を受けるかもしれない。

 

B2X分岐前後の各通貨の握力テストにも注目である。

 

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング