暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

COMSAトークンセールの終了間際!2017年11月6日14:00まで

 f:id:moneygamex:20171105104252j:plain

COMSAのICOが明日の2017年11月6日14:00で終了します。

COMSAとは?

www.youtube.com

テックビューロ社の朝山氏曰く、

COMSAとは、資金調達にばかり目が向く傾向ですが、実業を持つ企業がブロックチェーン技術を導入するための総合サービスです。

詳細は上動画や下記事ないし、ホワイトペーパー等で確認して欲しい。

www.sbbit.jp

 

COMSAのICOが11月6日14:00に終了!

f:id:moneygamex:20171105081139j:plainCOMSA Token Sale

COMSAの資金調達額は、約91161095ドル。1ドル=約114円なので、約104億となる。国内のICOで100億以上の資金を集めたのは驚きだ。

 

COMSAトークンロックアップ計画

テックビューロがCMSトークンとZAIFトークンのロックアップ計画を発表 | COMSA

COMSA、Zaifトークンのロックアップが発表された。

●Zaifトークンの場合

f:id:moneygamex:20171105083357j:plain

●COMSAトークンの場合

f:id:moneygamex:20171105083423j:plain

ロックアップとは、発行済み総数のうち、未配布トークンの一部を売ったり、渡すことができないように何らかの方法で発行者から隔離し、凍結すること。つまり、市場をコントロールできないように一部のトークンを一定期間使えなくすることである。ロックインとも言われている。

ロックアップは、リップル(XRP)のように基本的に運営が大量に持っている場合に行なわれることが多い。今回のCOMSAの場合だと、運営側では、いきなり大量のCOMSAトークンを売りませんよ、というような意思表示である。

ロックアップがない場合、運営による大量の売りでいきなり大暴落する場合がある。そうなると、人によってはもう信頼できなくなる。投資家の保護の意味もあり、ロックアップが行なわれている傾向がある。

 

COMSAの取引はZaif取引所にて


ZAIF取引所

トークンセールが終了すると、COMSAの売買が始まる。残念ながらまだ時期は未定であるが、Zaif取引所で売買できることは決まっている。

f:id:moneygamex:20171105090312j:plain

最近、Zaif取引所の人が異様に増えた。先日、Zaifトークンをひたすら配布する猛者も現れるほど活気付いているのがわかる。

Zaifには「いいね」と一緒にチップを配布する文化がある。もちろんチップなしに「いいね」もできる。

ameblo.jp

Zaifのチャットだけでもらったチップの結果を報告している面白いブログがある。

79日目で

「すべて」の受信チップ (617件)
BTC 0.0018 MONA 13.0 XEM 410.2
PEPECASH 6286.5373 ZAIF 22401.4133

をチップだけで入手したということだ。現在の日本円の価格にすると約3.8万相当。チャットのみで月1.2万円を稼ぎ出せるのはすごい。

Zaifは、サーバーが安定してきたら大きく飛躍しそうな取引所である。最近は、人が増えすぎてサーバーが止まる時があるw こうした不備もあるが、仮想通貨同様、Zaifもこれからの取引所である。

金融庁にも正式に認められ、COMSAで100億円以上を集めて、次は何を仕掛けてくるのか楽しみだ。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング