暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

世界初!ロシアが独自仮想通貨「クリプトルーブル」を発行へ

f:id:moneygamex:20171016190647j:plain

驚くべきニュースが流れてきた。

ロシアが世界初の法人通貨の仮想通貨を発行する。その名も「クリプトルーブル」だ。

ロシアが世界初の法人通貨の仮想通貨「クリプトルーブル」発行へ

ru.insider.pro

元記事はこちらです。ロシア語。現在のロシアの通貨名は「ルーブル」、頭にクリプト(暗号通貨)」を付けて「暗号のルーブル」となる。

cryptorussian.blogspot.jp

このニュースに関して、日本語に翻訳しているブログ記事がある。

記事によると、、

モスクワキャピタルクラブで行われた非公開会議で、ロシア通信省ニコライ・ニキフォロフ大臣は、ロシアは独自の暗号通貨"クリプトルーブル"を発行するという、プーチン大統領の決定を発表した。

大臣は、政府の法令の本文を引用し、クリプトルーブルは速やかに開発、発行されることを付け加えた。
また大臣はこう述べた。
「私がこれほど自信を持って、クリプトルーブル発行について話している理由は
私たちが今それを行わなければ、2ヶ月後にはユーラシア経済共同体の誰かがそれを作ってしまうからです。」

ロシアの暗号通貨効率化のため、下記の所得税ルールが採用される予定だ。
・暗号通貨をどこで入手したかが不明な場合、保有者がロシアルーブルに両替する際、13%の税金を支払う必要がある。
・暗号通貨売買の際、得た利益の13%が税額となる。


その他に大臣がクリプロルーブルの発行は、必ずしも他の暗号通貨やビットコインの合法化を意味しないことを強調した。
既存のデジタル通貨とは異なり、クリプトルーブルはマイニングすることは不可能だ。
発行量が一定の規制された閉鎖的なモデルになるだろうと、ニキフォロフ大臣は示唆した。

主な特徴は太字の赤字部分。

クリプトルーブルは、マイニングのない一定の規制された閉鎖的なモデルであり、世界初の国による仮想通貨が生まれようとしている。

問題はいつなのかという話だが、具体的な時期はなかった。正確な時期がわかれば良かったのだが、個人的には嬉しく思った。

国が自ら仮想通貨を発行することで、これまで仮想通貨に興味がないロシア人もこの仮想通貨を使うようになる。そして、今の法定通貨よりも便利であることがわかれば、既存のビットコインのような仮想通貨にも目がいくと思っている。

f:id:moneygamex:20171016182637p:plain出典:Suddenly Vladimir Putin Meets Vitalik Buterin, Endorses Ethereum

プーチン大統領は以前、仮想通貨イーサリアムの生みの親でロシア人の「ヴィタリック・ブテリン」とも2017年6月に会談するほど、仮想通貨に興味深々だ。

本日、一瞬だけイーサリアムが急騰した。プラットフォームはイーサリアムベースなのだろうか?

jp.sputniknews.com

このニュース、実は8月末にもあった。この時は「クリプトルーブルがつくられるのかもしれない」程度のニュースであった。

f:id:moneygamex:20171016184006j:plain

しかし、先の会談もあり、「イーサリアムがクリプトルーブルのプラットフォームとしてが来るんじゃないか?」ということでイーサリアムの価値は大きく上がった。しかし、9月にはビットコインと共に暴落している。

プラットフォームがイーサリアムかどうかは、まだわかっていない。ここら辺は確定してから動いた方が良い。「頭と尻尾はくれてやれ」である。

 

国の仮想通貨、新たな覇権争いか?

freedman.club

しかし、なぜこのような情報がリークされたのだろうか?

その理由の1つに中国に対するけん制が考えらる。中国も以前から国の仮想通貨を発行するとの噂がある。上記事によると、電気通信連盟の国際会議で、中国中央銀行のデジタル通貨研究所のヤオ・リャン氏はビットコインの代わりに、中国で生産される可能性のある状態の暗号通貨を提案している。ここでロシアが先に手を撃っておけば、国家の覇権争いでも先手がとれるわけだ。

また現在の紙幣の世界では、基軸通貨は米国の「ドル」。中国やロシアがこのような国の仮想通貨で対抗するのは、先手をとって新しい通貨の基軸通貨となる新たな覇権争いがはじまりつつあることを予見させる。

個人的には、国の法人通貨の仮想通貨化は歓迎。国の仮想通貨を国民が実際に使うことで、今のビットコインのような仮想通貨にも興味を持つかもしれないからだ。仮想通貨の便利さが一般の世界にも広がりつつある。

日本国の仮想通貨発行は、米国が動けば、動く可能性はあるだろう。だが未来のために市場規模が小さいうちに早めに動いてもらえると嬉しい。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング