暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

ビットコインとイーサリアム等の2つの仮想通貨の交換が中間手数料なしに可能な時代が到来する

f:id:moneygamex:20171010113140j:plain

以前、ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の2つの仮想通貨がアトミックスワップを成功させたということを記事にした。そして、今度はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)がアトミックスワップに成功したようだ。

アトミックスワップとは?

中間を通さずに2つの通貨を即座に交換することができる。アトミックスワップに関しては、以前、ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)のアトミックスワップが成功した際の記事を書いた。良かったら下記事も見ていって欲しい。

www.crypto-currency.work


ビットコインとイーサリアムの2つの通貨間のアトミックスワップに成功

時価総額1位のビットコインと2位のイーサリアム間でアトミックスワップが成功した。

news.bitcoin.com

今回のようにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)という異なる仕組みの通貨のアトミックスワップに成功したということで凄い時代がきたと感じることができた。将来的には、全仮想通貨で個人が簡単に交換できる時代がくるかもしれない

アトミックスワップの利点 

・仲介手数料を必要としない

取引所などで2つの仮想通貨を交換する際に支払う手数料が不要になる。現状では、円→ドル、ドル→円などのように、ビットコイン→イーサリアム、イーサリアム→ビットコインに交換すると手数料がかかる。

・マウントゴックスのような事件がなくなる(減る)

仮想通貨の交換が自分のウォレット等で出来てしまうため、仲介手数料のかかるウォレットや取引所等が不要になる。従って、マウントゴックスのようなハッキングや盗難の被害にあう可能性は減る。

また、最近あった今回の中国取引所停止などが起こっても、取引所に預けることも無くなるので、ほとんど問題がなくなる。この点も大きい。

ただし、貸仮想通貨で銀行のように金利が増えていくサービス等、独自のサービスを打ち出している取引所などはサービスを利用する人間はいるので残る。取引所等が完全に無くなるとは思っていない。

また、将来的には円などもスワップできるかもしれないが、現状では最初に円などの法定通貨から仮想通貨を購入する際、どうしても取引所等の仲介が必要になる。

・仮想通貨が利用しやすくなる

例えば、現状の仮想通貨の利用店は、店によって取扱い通貨が違う。しかし、アトミックスワップで店によって対応する通貨に気軽に変えられることで仮想通貨を使う機会が増える。

例えば、イーサリアム(ETH)しか持っていなくてもビットコイン(BTC)のみの取扱店を利用できる。なぜなら、アトミックスワップでビットコインに自分で交換できるからである。

他は小額決済でもビットコインを持っていることは問題にならない。例えば、以前、ビットコインの送金遅れが起こった際、マイナー手数料が上がって小額のコーヒーが飲めない、とても使えないという記事があった。

jp.wsj.com

上記事がそれだ。しかし、アトミックスワップがあれば、手数料が安い通貨に買えて支払うことも可能になる。つまり、ビットコインを持っていても、いつでも小額支払いができるということになる

これは、日本円を持ちながら全世界で有効な通貨に即座に買えて使えるような革命的な技術である。世の中の根本をまた変えてしまうかもしれない事だと思っている。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう。


セミリタイアランキング