暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

「ビットコインは怪しい」 は何も間違っていない

f:id:moneygamex:20170805191353j:plain

ビットコインは怪しいということは、仮想通貨を所持している人達の間では言われなくなってきている。ただ、ビットコインを所持していない世間一般ではビットコインは怪しいという意見がまだまだ多いのも事実だ。実際、その意見は間違えていない。

ビットコインは正体不明な人物が生みの親

ビットコインの生みの親である「サトシナカモト」。顔も身元もわからない、そもそも実名すらわからない。どこの誰かもわからない人の通貨を信じて、現在1BTC=50万円付近になっている。この現状は、世間一般から見たら怪しくみえるのは当たり前。

もし、「サトシナカモト」のような正体不明の人物が現れ、大々的に資金調達をしたら100%詐欺だと言われるだろう。少なくとも資金調達までするのであれば、身元は確実に求められるはずだ。

ビットコインが日本に上陸した時、ビットコインについて話を聞いた人は、ほとんど誰も投資をしなかったと言う。それもそのはず、サトシナカモト自体が正体不明で顔すらもわからなかったからである。

f:id:moneygamex:20171008131653j:plain

あれから10年近くが経ち、詐欺と呼ばれたビットコインが日本国でも認められ、通貨になった。顔も素性もわからない人が生み出した仮想通貨が時価総額8兆円を超えている。世の中、何が起こるかわからないものだ。

www.youtube.com

仮想通貨は怪しいというイメージがあるのは、ビットコインを所持している方でも感じ取れると思う。

先日、1000万の優勝賞金を仮想通過にぶちこむことが話題になった「かまいたち」。しかし、上の動画では、優勝賞金の使い道に仮想通貨の話題は一切なく、使い道が変わっていた。

www.crypto-currency.work

これから東京に進出しようとしている「かまいたち」が仮想通貨を全面に押し出すと怪しいイメージが付きまとってしまい、風潮被害にあうことが予想できる。これはガリガリガリクソンの件でも明らかだ。世の中では、仮想通貨自体に怪しいイメージがまだまだ残っているのは事実である。

ただ、僕はこのビットコインの怪しさは時間が解決してくれると思っている。

重要なのは技術や理論

ビットコインのように正体不明の人物が生み出したものでも価値を持つことは事実。重要なのは、その人物ではなく、理論や技術等だ。これが良ければ時が解決してくれる。

インターネット、スマホ等も最初は怪しいと言われ続けていた。地動説が一般な時代に天動説を唱え、処刑されたガリレオの「それでも地球が周っている」も、時が解決してくれた。

とはいえ、背景は調べる必要はある

とはいえ、その仮想通貨の背景を調べるのは重要。人物であれば、特に過去に何をしていたのか?それがわかるのであれば、調べるべき。

過去に悪いことをしていれば、再犯の可能性があり、知っておいて損はしない。また、人間の本性は、状況が悪い時に出る。過去に失敗した人物なら、失敗時にどのような対処をしたのかは非常に重要。

人でなくても信頼を得られる

f:id:moneygamex:20171006104105j:plain

以前、Youtuberのヒカル騒動でValuに関して振れたが、現在Valuでの時価総額ランキングを見ると犬や猫が上位にいた。驚くべきはそのホルダー人数の多さ。つまり、それだけの人数に指示されていることになる。

ゲームでもキャラゲーというジャンルが出来ているように、人でなくも信頼を持てる時代になっているのは興味深い。もちろん、犬と猫はキャラクターで、中身は人間。

f:id:moneygamex:20171008134451j:plain

そして、ミスiD2018のファイナリストに3DCGキャラクターが選ばれた。また、りんなと呼ばれるAIもファイナリストに選ばれている。ともに人間の中に入って、ファイナリストまでに選ばれている。すごい時代になってきた。

オーディションは10月中旬の最終面接を経て、11月3日にグランプリをはじめに各賞が発表される予定。

www.youtube.com

www.youtube.com

miss-id.jp

人でないものが選ばれる、、、将来、AIが国を統治する時代が来るのだろうか。

未だに正体不明のサトシナカモト

「サトシナカモト」は未だにどんな人物であるかすらわかっていない。

サトシナカモトが保有していると言われている100万ビットコイン(約5000億円)は2010年から1度も動いていない。動かす権限はサトシナカモトのみ。これが動けばブロックチェーンに記録が残り、判明するかもしれないということだが全く動かしていない。

「サトシナカモト」氏は、すでに死亡したという説もあり、もはや生きてることすらわかっていない。

それでも僕はビットコインの未来を信じている。

coincheck.com

上のリンク先の記事は、コインチェックが翻訳してくれたサトシナカモト氏のビットコイン原論文。この正体不明の人が書いた論文がきっかけで世界を変わろうとしている。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう。


セミリタイアランキング