暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

ビットコインが4つになる!?仮想通貨ビットコインゴールド(BTG)について

f:id:moneygamex:20171001124243j:plain

11月に起こるとされているビットコインのSegwit2xのハードフォークがが近づいてきた。Segwit2xのシグナルが9割も出ている現状では、もはや避けられないだろう。

現在、ビットコイン、ビットコインキャッシュと2つのビットコイン存在する。11月にはSegwit2xのビットコインが加わるのが濃厚であるが、さらにもう1つのビットコイン「ビットコインゴールド」が生まれると言われている

 4つ目のビットコイン、ビットコインゴールド

現在、ビットコインには「ビットコイン(BTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」の2つがある。

f:id:moneygamex:20171001101130j:plain

そして、11月のハードフォークで更に「ビットコインSegwit2x(仮名)」が生まれるのが濃厚だ。危険なハードフォークとして、ライトコインの生みの親である「チャーリー・リー」も〔NO2X〕という表示をして反対を示している。しかし、Segwit2xはマイナーからの支持を既に9割以上占めており、ハードフォークは避けられないだろう。

そして、最近になってようやく注目され始めたのは「ビットコインゴールド」と呼ばれる仮想通貨。4つ目のビットコインとして生まれようとしている。

ビットコインゴールドが10月25日に誕生か

f:id:moneygamex:20171001095255j:plain
↑ビットコインゴールドの通貨単位は「BTG」。

すでに「ビットコインゴールド」のツイッターが存在しており、ビットコインキャッシュの時を思わせる。トップ固定のツイートでで10月25日に生まれると宣伝していた。(Bitcoin Gold (@btcgpu) | Twitter

ビットコインゴールドの誕生の時期は10月25日に予定とのことだ。ビットコインゴールドの配布を見ると11月1日となっている。

ビットコインゴールドの公式HPも既に存在し、現在、Bitcoin Gold Slackチャンネルには250人以上のメンバーがいて、そこそこ活気がある。

f:id:moneygamex:20171001103943j:plain

画像:https://tiendientu.org/2017/09/dau-tien-la-bitcoin-cash-gio-thi-den-bitcoin-gold.html

ビットコインゴールドこと、BTGの提案者は香港LightningASICという会社のジャック・リャオ。H4X3という匿名集団がビットコインゴールドをつくると言う。

さらに調べて見ると、ビットコインゴールドは7月に発表されたプロジェクトで、もともとICOで資金を募る予定だったが、ハードフォークした方が資金が集まるため見合わせたようだ。

ただ、ビットコインSegwit2xとは違い、小規模のがめマイナーからの支持を受けられるかはわからず誕生するかどうかも怪しい所。

個人的には、これ以上ビットコインコミュニティが弱くなるのは問題だ。実際、ビットコインキャッシュが誕生した際は、Bitcoinの割合から約11%もの価値がBitcoin Cashに移動した。

ビットコインゴールドの公式ページ

http://btcgpu.org/

4つのビットコインの比較

f:id:moneygamex:20171001100106j:plain

First Cash, Now Gold? Another Bitcoin Hard Fork Is on the Way - CoinDesk

発行枚数などはビットコインと変わらず2100万枚。ブロック生成も10分とビットコインと変わらない。

ビットコインゴールドに関して述べると、POWのタイプは、ASICではなく、GPU(画像処理)の機能を使っている。ゴールドは、ビットコインのPOWのアルゴリズムであるSHA-256ではなく、Zcash(ジーキャッシュ)のEquihashというものを使っている。これによりGPUが使える。 

新しく生まれるはどうやったらもらえるの?

基本的にはビットコインキャッシュの時と同様。

ビットコインを保有しているだけOK。キャッシュの時と同様にビットコインの保有枚数と同じ枚数だけもらえる

最近では、Copayなどのウォレットでキャッシュの対応が始まり、簡単にBCHが取り出せるようになったが、時間がかかった。急いで新しく生まれるコインを取り出したい場合は、取引所においた方が早いだろう。ちなみに僕の使っている取引所でキャッシュの分岐の際、配布が1番早かったのはビットフライヤー。先日、金融庁にも認められた国内取引所だ。

注意点としては保有時期。どの時期に持っていたビットコインで増えるのかはまだわかっていない。特に信用取引でBTCを借りている人は注意して欲しい。前のBCHように無駄な支払いをすることになるかもしれない。

前回は、新しいビットコインは価値を持ったが、次の分裂したコインが持つとは限らない。再び混沌とした相場になるかもしれないので、くれぐれも注意して欲しい。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング