暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

日本人の個人金融資産の総額は年々増加している理由

f:id:moneygamex:20170927154704j:plain

日銀が3ヶ月毎にごとに発表している資金循環統計が発表された。ことし6月末の時点で、個人が保有している預金や株式、投資信託などの金融資産の残高は合わせて1831兆6564億円と1810兆円(去年12月末)を上回り過去最高を記録した。

日本人の個人金融資産の総額は年々増加

f:id:moneygamex:20170926175906j:plain

1831兆6564億円。今年6月末時点での日本人の個人金融資産になる。これは、前の年の同じ時期よりも4.3%増加、過去最高であった去年12月末の時点の1810兆円を上回り、またもや過去最高を更新している。このうち「現金・預金」は、前の年の同じ時期より2.5%多い944兆円と過去最高を更新し、全体の51.5%を占めている。

これについて日銀は、所得の増加に加えて歴史的な低金利の中、個人が資金をひとまず普通預金などに置いたままにしている傾向が強いことが背景にあるとしている。

また株価の上昇傾向を反映して「株式など」は前の年の同じ時期より22.4%増えて190兆円、「投資信託」も15.6%増加して100兆円となっている。

一方、日本の国債の保有者別の残高では、大規模な金融緩和策で大量の国債を買い入れている日銀の保有残高が、前の年の同じ時期より9.8%増えて436兆円と過去最高を更新。日銀が保有する国債は全体の40.2%と、初めて40%を上回った。
 

資金循環統計の結果を見て

r(資本収益率)>g(経済成長率)

これはトマピケティというフランスの経済学者が編み出した公式である。

r(資本収益率)は、株などの運用で得られる割合のこと。年平均約4~5%ほど。g(経済成長率)は、働くことで得られるお金の割合のこと。年平均1~2%ほど。

つまりこれは、お金を稼ぐ視点で言えば、

株などの運用で稼げるお金 >働いて稼げるお金 ということになる。すなわち、より儲かるのは、働いている社員ではなく働かない株主ということでもある。

何が言いたいのかというと、この公式が成立しているのがよくわかる調査結果になったことである。このr(資本収益率)により、「株式など」は前の年の同じ時期より22.4%増えて190兆円、「投資信託」も15.6%増加して100兆円も上昇していている。

 

しかし、これだけ個人資産が増えていながら、特に若年層を中心に貧困層が増えている現状では、やはり日本人の貧富の差が大きくなっていることがわかる。

 

また、日銀が保有する国債は全体の40.2%と、初めて40%を上回ったそうだが、国債を発行しているのは財務省。これをお札を発行している日銀が買い取っているということになる。

logmi.jp

「国の国債を日本円を刷っている日本銀行が買い取って大丈夫なの?」と思うかもしれないが、上記事の麻生氏の説明を聞くと、家族から借金しているようなものなので、他(国)人から借りたギリシャのように国の財政は破たんしないということだ。

しかし、これは本当にそうなのか?と考えると疑問に思う。

結局、破たんしないには、僕らが国を信頼して国債を買い続けるしかないが、日本国民が国債を買わないので、仕方なく日銀が国債を買うしかない状況、すなわち日銀が保有する国債が増えている結果になっている。

また今回、国民は「現金・預金は、前の年の同じ時期より2.5%多い944兆円と過去最高を更新した」という状態である。つまり、お金があるのに国が発行している国債を買わないということ。この結果から日本国民の国への信頼が落ちていることがわかる。

www.kabudream.com

それもそのはず、日本国債の格付けを見ると年々落ちており、優良柄でない日本の国債を国民や日銀以外の銀行が買い続けると思えない。日本の国債を日銀が買い続ける、麻生氏の説明で言うと、親父の借金を母親だけが買い続けるのも限界がある。

日銀による国債の引き受けの割合が増えるという、正にヘリコプターマネー化している現状では日本円だけを持っているのは危ないと感じている。いま日本人が金や仮想通貨などを貯めこんでいるのは当然のことだろう。

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう 


セミリタイアランキング