暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

暗号通貨と仮想通貨の違い、cryptocurrencyの発音や意味について

f:id:moneygamex:20170805191336j:plain

ビットコインについて調べていると、サイトにより「暗号通貨」と書かれてあったり、「仮想通貨」と書かれている。このサイトそうだ。では、どちらが正しいのか?今日は、暗号通貨と仮想通貨について違いはあるのか?など書いてみたいと思う。

暗号通貨?仮想通貨?

結論から言うとビットコインのような通貨は仮想通貨ではなく、暗号通貨。日本国内では仮想通貨と呼ばれることが多いが、世界基準では暗号通貨。

実際、ビットコインの正式名称は「Cryptocurrency Bitcoin」(クリプトカレンシービットコイン)といいます。Cryptocurrency 」は暗号通貨という意味です。ですので、暗号通貨が正解。

f:id:moneygamex:20170901172449j:plain

発音は「こちら」サイトで知る事ができる。上図のようなページに進むので赤丸で囲んである再生ボタンを押すと発音がわかる。

ビットコインなどの話題で出てくる暗号通貨と仮想通貨の違いって何?という話だが、両者に大きな違いはない。日本国内ではビットコインを暗号通貨といったりする人もいれば、仮想通貨と呼ぶ人もいる。

 

なぜ日本では仮想通貨と呼ばれているのか?

海外から入ってきたものは、微妙に名前が違うときがあるのは、過去の歴史でもある。代表的な例としては、食べ物のカステラがそうだ。海外ではカステーラと言うが、日本語ではカステラと呼び、微妙に違う。

仮想通貨とは、日本でも普及している一般的に電子マネーなども仮想通貨と呼ぶ、恐らく、それと似たようなものとして捉えられたため、今でも仮想通貨と呼ばれている。

一部では、これらをまとめて代替通貨などと呼ぶ人もいるが、確かに代替通貨でもおかしくない。 代替通貨であれば、電子マネーやらビットコインなど全てをひとくくりに出来そうだ。

どんな呼び方でも通じてしまえばそれまで。正式には暗号通貨だが、日本では仮想通貨でも代替通貨でも通用する。

 

なぜこのブログは仮想通貨と呼んだり、暗号通貨と呼んだりしているの?

正式には暗号通貨と呼ぶが、日本では一般的に仮想通貨と呼ばれているから。

ブログ内の記事をよく見ると、仮想通貨と書いていたり、暗号通貨、仮想(暗号)通貨と書いたりもしている。なぜ仮想通貨に統一しないのかというと、「世界では暗号通貨と呼ばれているぞ」ということを時々アピールしたくなるからであるw

個人的には、すでにカステラと呼ばれているものを、今更、カステーラと変える必要もなくなっているように、もう日本では仮想通貨と呼ばれることが主流になっているので無理に暗号通貨にする必要はなく、知っておけばよい程度だと思っている。実際、このブログも「仮想通貨」として検索される人が「暗号通貨」よりも現在は圧倒的に多い。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング