暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

仮想通貨のトークンの売買が可能に、GMOが取引所構築システム「トークントレーダー」を公開

f:id:moneygamex:20170825171419j:plain

GMOから取引所構築システム「トークントレーダー」が公開された。

GMOが取引所構築システム「トークントレーダー」を公開

トークン同士で売買ができるようになる?GMOが「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」第2弾・取引所構築システム「トークントレーダー」が公開した。一部を抜粋する。

GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、ブロックチェーン(※1)を利用したプログラムをオープンソース(改変可能・商用可能ライセンス)として公開する「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト(以下、GMOブロックチェーンOSS)」の第2弾として、「トークントレーダー」のオープンソース(URL:https://guide.blockchain.z.com/docs/oss/token-trader/ )を本日2017年8月8日(火)より公開いたしました。

 本オープンソースプログラムで構築できる「トークントレーダー」は、第三者機関にトークン(※2)を渡すことなく、様々なトークンのトレード(交換取引)を行える取引所が作れるシステムです。本システムに基づいた取引所は、トークンのトレード契約の仲介を行うのみで、トークンの交換処理はトレーダー間の契約成立を受けてブロックチェーン上の両者の口座で自動執行されます。そのため、トレーダーは各取引所に専用口座を開設したり、トークンを移動させたりする必要なく、安全な取引環境を実現することができます。(「GMOブロックチェーンOSS」の各プログラムは、「Z.com Cloudブロックチェーン」を基盤に構築しています。)

f:id:moneygamex:20170825172443j:plain

「トークントレーダー」による取引イメージ

トークンの交換(売却)を希望するトレーダー(=Makerメイカー)は、交換条件と取引量を決めて取引所(=Indexerインデクサー)へ売出情報を出す。(例:[トークンA] 5個を、[トークンB] 15個と交換希望)
②トークンを交換(購入)したいトレーダー(=Takerテイカー)は、Indexerに集まる売出情報を「板情報」で確認。
③Takerは、「板情報」から交換取引に応じる注文を選び、買付注文にサインをしてIndexerに送る。
④Indexerは、Makerに対してTakerからの買付注文を転送。
⑤MakerはTakerからの買付注文を確認し、問題がなければ承諾。
 ここでMakerとTakerの取引契約が締結。
⑥IndexerはMakerとTakerの間で成立した契約をブロックチェーン(「Z.com Cloudブロックチェーン」)にポストする。
⑦契約内容が自動執行され、MakerおよびTakerのトークンのトレードが完了。

「GMOブロックチェーン オープンソース提供プロジェクト」 第2弾・取引所構築システム「トークントレーダー」を公開 - GMOインターネット株式会社

f:id:moneygamex:20170825173521j:plain

イーサリアムが提唱しているトークンの標準仕様「ERC20」に準拠しているトークン限定だが、トークン同士の売買がついにきたかという感じだ。

f:id:moneygamex:20170825173654j:plain

現在、トークンはZaifで売買されているが、JPY(円)もしくはBTC(ビットコイン)なら購入できる。トークン同士では現状では売買することはできない。

GMOさんがトークン同士で売買という面白そうなシステムを公開したということで、今後のトークン界もより盛り上がると良い。

 

現在のトークン取引は仮想通貨以上に未成熟

期待はしているものの現在のトークン市場は非常に未成熟で危険な面もある。

f:id:moneygamex:20170825175107j:plain

BTC建ては特にヤバイ。1日で価格が倍になったり、半分になる時があり。少し前、Zaifトークンが30分以内で1/3まで価格が落ちたこともある。

f:id:moneygamex:20170825174310j:plain

BTC建てでは、売りと買い注文で倍近い差の値がつくこともある。
履歴を見ると、これで取引が成立していることがある。桁ミスで売却したり、購入してしまったのだろうか?

f:id:moneygamex:20170825174402j:plain

緑が買い赤は売り。トークンは最近はJPY建ての取引量が上がっているが、基本取引も少なく、値の変動が凄まじい。

f:id:moneygamex:20170825200102j:plain

取引量の多いZaifトークンですら、たった7BTCで20%ほど動く。しかし、現在値より余裕のある下で買いの指値、凄い高い位置で売りの指値を入れておくと刺さる時があり、ワンチャンはある。特にBTC建ては、上のような板の薄さからかなり下で買えたり、上で売ることができる。それゆえ、現状では、余裕のある価格での注文以外はおすすめできない。

JPYはそこそこの取引があるので、BTC建てで運よく購入できたらすぐJPYの方で売る手もある。JPYにすると税金対象になるようだが、支払い分も十分取れる。なお、現在、トークンは信用売りができない(2017年8月末段階)ので、売りから入ることはできない。

このようにトークン市場は未成熟で非常にリスクはある。余剰金でなくなってもいいやと応援するつもりで購入された方が良い。以前トークンがらみの記事を書いた。詳しくは下の2記事も見て行って欲しい。

www.crypto-currency.work

www.crypto-currency.work

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング