暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

仮想通貨で稼げたことは宝くじで高額当選したことに似ている

f:id:moneygamex:20170820215115j:plain

宝くじが高額当選すると、その後の人生が不幸になると言われている。しかし、どうしてそのようなことが起こるのだろうか?僕は「お金の使い方を知らなかった?」「高価なものを買いすぎてしまった?」などの答えがパッと思いついた。

しかし、果たして本当にそうなんだろうか?ということで、その理由を調べ、僕なりに書いてみた

宝くじが当たった人のその後

f:id:moneygamex:20170506173229j:plain

まずはネットでピピピと「宝くじ当たった人 その後」などとググってみた。

すると・・・・

・宝くじ10億円当選者の光と影
・宝くじで高額当選した人のその後の悲惨な人生
・宝くじで(中略)当たるとこんな苦労があります
・宝くじは絶対に買うな!(略) 当選者の悲惨な末路

などと、世の中で言われているようにネガティブなものばかりが出てきた。

 

宝くじが当たった人が不幸になる理由

お金の力に飲み込まれる

例えば、普段、一生懸命働いて給料で20万、30万ほどの人が高額当選で1億円がポンと手に入ると「真面目に働いているのが馬鹿らしい。」と、運で手に入れたお金で一生遊んで暮らせると勘違いしてしまう。確かに普段とは桁が違う金額が急に手に入ったら僕もそう思うだろう。

 

行動と環境がおかしくなる

宝くじで高額当選した人は、本当は高額当選したことを話したくても話せないそうだ。確かに当選したことを周りに話せば、あやしい勧誘などがきたりと色々と人が寄ってきて面倒に感じるのは想像がつく。

そして、高額当選をして不幸になった人はその後の消費生活がほぼ100%変わるようです。例えば、急に良い車にのったり、コース料理を食べたり等、普段しないようなことをし始めるそうだ。確かに1億あれば少しくらい使っても良いだろうと思うかもしれない。

その後、急に生活が変わった様を見て、周りの人達が「あの人、急にどうしたんだろう?」「何か怪しいことをしているんじゃないか?」と騒ぎ立て、その噂が広まり金融機関などから「うちに預けてくれませんか?」「資産を運用してもらえませんか?」などの電話がかかってくるそうだ。他にも周りに知られることでチヤホヤされたりすると、また気分が良くなって、「僕はお金を持ってるから偉いんだ」などと勘違いしてしまうとのこと。そして、背丈以上にお金を消費してしまい、高額当選者の80%以上が借金などの不幸が起こってる。という現実がある。

deeksha777.blog88.fc2.com

お金はなくても困るが、持ちすぎてお金のパワーにより使いこなせなくなり身を崩す可能性があるということになる。それにしても高額当選者の約8割が借金漬けになるという事実を知り、お金のパワーは凄まじいものだな。

これは、お金は心理や感情を高ぶらせるパワーがあるので、8割の人間がコントロールできないという事実でもある。

 

生活スタイルを急には変化に対応できなくなる

 いま暗号通貨の急激な伸びで稼いだ人の中では「真面目に働くのがバカらしい。仕事をやめよう。」などと思うかもしれない。しかし、常に貨幣の価値が伸び続けることはなく、毎日のように宝くじが当たり続けるようなことはない。いい日もあれば悪い日もある。ゆえに急に生活を一変させたりするのは、高額宝くじ当選者と同じ運命が待っているとしか思えない。

 

最後に

幸運は必ずしも幸福にはならず、不幸のタネにもなると理解できた。しかし、大きな金額が入ってきたときに将来の計画を立てて行動すると幸福のタネにもなってくるんだろうなと感じた。

現在は仮想通貨が非常に好調、成長期ということもあり、仮想通貨の億万長者になっている者も多いだろう。いま麻布や六本木で高額ボトルを飲んでいるのは、仮想通貨で大儲けした者が多いと聞く。まだバブルにもなっていないので仮想通貨の億万長者はこれからも増えるだろう。しかし、それゆえに宝くじの高額当選者のように、気が大きくなり、冷静な判断がつかなくなる可能性がある。仮想通貨が伸びているのは投機的側面もあるが、成長すれば将来に役に立つという面もある。それを知らないと稼げている通貨も投機で上っているだけなので、いつか落ちていくだろう。

また、最近の仮想通貨の界隈によくあるのが、ビットコインなどを使った投資話だ。HYIPと呼ばれる日利1%以上の案件などが良い例。冷静に考えたら日利1%はありえない話。調べれば、そのような利回りでありながらビリオネアまで登りつめた人はいない例を見ても上手く行かないのがわかると思う。しかし、仮想通貨で稼げているので冷静な判断ができなくなっておりありえない投資話にも載ってしてしまう人が多発している。儲かっている時には、特に儲け話が次々と舞い込んでくるので本当に注意して欲しい。

僕達は増えるお金との付き合い方を今1度考える必要がある。

こうした個人や家族のお金の使い方パーソナルファイナンス、社会のために使うお金はソーシャルファイナンスと言う。アメリカではパーソナルファイナンス学部といって学問として研究している大学もあり、日本以上にファイナンシャルプランナーとして職業としても成立している。

お金はお金だが、政治家の賄賂のような悪いことにお金に使い、とんでもないことになることもあれば、東北の復興支援のために使うなど良いお金の使い方もある。従って、ギラギラしたお金の使い方ではなく、幸せになる手段としてお金を使うためにもお金についてこれからも学んでいくのも良いだろう。

headlines.yahoo.co.jp

基本的に真の大富豪は質素である。豪遊もマスコミのための見せ掛けなことが多く、倹約している所は、徹底的に倹約している。出費が少ないからこそ、彼らは資産が形成できたともいえる。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング