暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

取引所コインチェックで売買できる通貨に関して書いてみる。2017年8月13日~

f:id:moneygamex:20170813111237j:plain

ビットコインが止まらない。ついに1ビットコインが45万円を突破。過去最高記録を更新し続け凄まじい勢いで上昇中だ。さすがにビットコインがここまで値を上げると購入を迷うものもいると思う。そこで目をつけたいのはアルトコインだ。アルトコインは歴史が浅くまだ伸びしろが大きい。そこで、本日はコインチェック取引所のアルトコインに注目して軽い記事を書いていこうと思う。良かったら見ていって欲しい。

 アルトコインとは?

ビットコイン以外の仮想通貨を指す。コインチェックのアルトコインは、今年全て数倍になっており、そのため現在は下降気味だがビットコイン以上の性能を持つものもあり、あとはどれだけ市場にアピールできるかだけである。伸びしろは非常に期待できる。

コインチェック銘柄について

各通貨に関して記載したい。なおDAOという通貨の記載が見られるかもしれないが、過去にハッキング(盗まれること)があったため、現在は取引をしていない。

ビットコイン(BTC)

f:id:moneygamex:20170813115558j:plain

急騰止まらず最高値更新中。7月は20万付近まで落ちたが、現在は45万。好材料の出尽くし感があり、非常に高い位置にあるが、どこまでいくのか楽しみ。

やはり、この通貨は他通貨に比べると圧倒的に使える店舗が多いのが非常に良い。最近では、ビックカメラや大手デパートの丸井グループでもビットコインの導入となった。

www.crypto-currency.work

www.crypto-currency.work

ビットコインの性能を上げるSegwitが無事開始され、ライトニングネットワークなどで確固たる地位を築けるか?今後のアップデートにも期待だ。

moneygamexx.hatenadiary.com

なお、ビットコインが3年以内に50万ドルになると予想している著名人もいる。ビットコインが2100万枚しかないことを考えると、その可能性もゼロではない。もし、この予想が外れた場合、とんでもない条件を課している。詳しくは下記事参照。

cryptocurrencymagazine.com

 

イーサリアム(ETH)

最近、少し前のビットコインのようにコイン詰まり(送金遅れ)が起こっているのが気になる。ICOのお陰でETHの現在の性能が露呈されたわけだが、まだ規模が小さいうちに問題がわかり良かったと思っている。

対策も行なわれるようで、今後に期待。

www.youtube.com

ETHの特徴はスマートコントラクト。この言葉さえ言っておけば、資金調達が大量に集まるような素晴らしい仕組みである。また、国家が絡んでいるような通貨なので、やはり、今後に期待ができる。

この通貨はもともと16円であったが、現在は3.2万円を超えている。何度もETHがハッキング(ETH自体は悪くない)されたり、このアルトコインの下げの中、検討している通貨でもある。

 

f:id:moneygamex:20170813121131j:plain

先ほど、ETH/BTCが0.5付近まで落ちたので買い戻した。

 

イーサリアムクラシック(ETC)

f:id:moneygamex:20170712193006j:plain

以前のイーサリアムの仕組みを持ったものがこのイーサリアムクラシックである。ビットコインのSegwit2x提唱者であるバリー氏の推奨銘柄。 彼のツイートを見ると、非常にETCを推しているのがわかる。

ただし、最近は新規通貨に推されて時価総額ランキングでは順位を10位まで落とした。

ハッキングの不安もあるが、それも過去の話。国内大手取引所のビットフライヤーなど売買可能な取引所も増えてきている。今後に期待だ。

 

リスク(Lisk)

f:id:moneygamex:20170813122703j:plain

時価総額28位。地合も悪く、正直、もう1段落ちる気もする。下記事にあるように毎年価値をあげる可能性が高いイベントが起こる。

リスクはスマートコントラクトというイーサリアムの仕組みを持っている。違いは言語がJavaであり、現在のプログラマーが扱いやすいものになっている。

moneygamexx.hatenadiary.com

 ただし、現在、ETHの送金状態も悪いこともあり、LISKのICOが来たらと思うと期待できる通貨。

 

ファクトム(FCT)

将来性に関しては、下記事を読んで欲しい。

moneygamexx.hatenadiary.com

 

リップル(XRP)

f:id:moneygamex:20170813130412j:plain

円建てだと安定しているが、ビット建てだと上図のように駄々下がりの状態なのがリップル。ここ最近は、良材料が出ても全く上がらず、下がり続けている。 日本円にすると、20円台付近を少しさげつつ、うろうろしている。変動の激しい仮想通貨でちょっと不自然な動きがある。

リップルはハブ通貨であり、それほど価値がないと一部で言いるが、銀行システムを変えざろう得ないようなものであり、最悪、仮想通貨がコケても残るのは銀行の仕組みを良くできるリップルと思われる。大きな伸びは何度も起こらないが、比較的安定した通貨とも言えよう。

リップル保持者ことリップラーは面白い人が多く、パワーを感じる。日本人の保持者が多いのがリップルの特徴である。

 ただ、チャートを見ると上は重い。駄々下がり中で、これでも今年ですでに30倍上がっているのは事実。3月からの超上昇(0.7円→50円)がいつくるかわからないので保持していると、ワンチャンあるのかもしれない。忍耐力が問われる通貨である。

 

モネロ(XMR)、ダッシュ(DASH)、ジーキャッシュ(Zcash)

モネロは2014年から時価総額ランキング上位にいる根強い通貨。ダッシュ、ジーキャッシュも海外では人気がある。これら通貨は匿名性が強いので、以前は購入したこともあったが僕は様子見である。

このツイートのように匿名性の高い通貨は、日本のホワイトリスト載るのか少し疑問。世界で使われているなら載るとは思うのだが、載ってからでも遅くないかなとも思っている。信じているのであれば、安いうちに買っておくのも手。

moneygamexx.hatenadiary.com

moneygamexx.hatenadiary.com

 

ネム(XEM)

ネムは手数料が安いZaifで購入を推奨したい。(高くても2017年8月現在は0.1%)

f:id:moneygamex:20170813124736p:plain

https://www.nem.io/buy.htmlより。NEMの公式ページにZaifの記載があるくらいだ。

moneygamexx.hatenadiary.com

ネムは一言でいうと、「ハイブリット通貨」。ビットコイン、イーサ、リップルの機能などあらゆる通貨の特徴と欠点を補おうとしている感じがする。

例えば、今のビットコインのようにどんどん値が上がっていくと、貯めこんで使わなくなり、流動性が落ちる。しかし、ネムは動かして増える仕組み「POL」を取り入れているのでつかわざろう得なくなり、流動性が保てる。イーサリアムのスマートコントラクトや、リップルの数倍(4倍?)の送金システムなどもあるようで、実現できた場合、とてつもなく価値を持つ可能性がある。ただし、このネムはその期待から今年1番伸びている通貨で、現在は比較的、落ち着いている。

www.crypto-currency.work

今年の10月には、COMSAのICOもあり、うまく行けば、よりネムが実用的になって行くと感じている。

 

ライトコイン(LTC)

ビットコインの避難先の通貨というイメージの方もいると思う。しかし、Segwitはすでに開始されており、生みの親であるチャーリー・リーが開発に専念することになった。

moneygamexx.hatenadiary.com

現在、実用性はまだそれほどない。が、徐々に実用性も上がってきており、中国の取引が多く、未だに時価総額5位以内をキープしている。将来、ビットコインが高くなりすぎた場合、ライトコインに目がいくかもしれない、まさに金のビットコイン、銀のライトコインになると思っている。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

 


セミリタイアランキング