暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

ビットコイン過去最高値更新!ビットコイン分岐後、安心感か

f:id:moneygamex:20170716160417p:plain

ビットコイン分裂危機がすぎ、ビットコインが急上昇中である。

ビットコインが分岐後、急上昇中。過去最高値を更新

先日、ビットコイン(BCT)からビットキャッシュ(BCH)が分岐された。2つのビットコインとなり、どうなるかと不安の声も上がっていた。しかし、それから数日後、ビットコインは上昇しつづけ、ついに過去最高値を更新した。

f:id:moneygamex:20170805133604j:plain

BTC/JPY 4時間足。分裂危機から、一時は1BTC206000円まで落ちたビットコイン。もうダメかと一部で騒がれた。しかし、上昇を続け、本日、気がつけば1BTC343900円まで上昇した。

f:id:moneygamex:20170805134051j:plain

BTC/JPY 4時間足。最拡大してみた。ボリンジャーバンド(※)を突き抜けるくらいの上昇となった。調整はあると思うが、以前の高値を切り上げる大陽線ができており最高値更新が期待できた。

(※)ボリンジャーバンドとは?↓

orekabu.jp

f:id:moneygamex:20170805134727j:plain

BTC/JPY 4時間足。白丸の部分、出来高のそこそこ高い大陽線が確認できると思う。

f:id:moneygamex:20170805134818j:plain

BTC/JPY 1週間足。ロングチャートで見ると、現在、非常に高い位置にあり、しばらく下がる可能性があるが、分裂危機のムードは払拭されたと言って良い、気持ちのよい上昇である。

f:id:moneygamex:20170805135206p:plain

そして、ついにBTC、最高値を更新した。1BTC=351100円を記録した。これまでの最高値は1BTC=347789円であった。

f:id:moneygamex:20170805135610j:plain

ボリンジャーバンドをはるかに突き抜ける上昇ということもあり、現在、価格は少し下がってきた。ただ、ビットコインの最高値を更新したことは非常に大きい。

moneygamexx.hatenadiary.com

上の記事にもあるように今年の2017年、ビットコインに3度の大きな下落があったが、全て乗り越え、高値を更新してきた。今回も高値を更新したことで、ビットコイン分裂騒動を乗り越えたと言って良い。

ここでビットコインが安定してくれば、アルトコインも共に上昇してくるだろう。

 

ビットコインニュース

最近あったビットコイン関連の記事等をご紹介。

ビットコイン信託上場へ、あの兄弟達が再挑戦

btcnews.jp

暗号通貨界隈では、マナちゃん、カナちゃんより有名なあの兄弟が帰ってきた。ウィンクルボス兄弟だ。詳しい内容は上記事を確認して欲しい。

f:id:moneygamex:20170615121803j:plain

以前は、ETFが否決され、つまり、上場がうまく行かなかった結果、1BTCが152232円から98570円まで下落(下落率35.3%)した。

今回、うまくいけばビットコインの大幅な上昇が見込める。以前、失敗し、再びうまくいくか注目したいところだ。

www.youtube.com

なお、このウィンクルボス兄弟は、Facebookの創設者であるマイク・ザッカーバークと衝突があったことでも有名。彼らの主張によると、Facebookの基をつくったのは、自分たちであり、ザッカーバークにアイディアを盗まれたという。

 

ホリエモン「仮想通貨バブルは今からが本番、こんなもんじゃないでしょ」

www.mag2.com

2017年8月3日の記事の紹介。出版やテレビ出演、ビジネスにと精力的に活動を続ける堀江貴文さんと、年間数千億の運用者として17年間もトップを走り続けたOZZ&ONZのOZZさんの対談である。

ホリエモンは、「仮想通貨バブルは今からが本番、こんなもんじゃないでしょ」と記事で述べている。ちなみに、ホリエモンは、イーサリアム(ETH)という仮想通貨にプレセールの安い時期から目をつけていたことで有名。メルマガ等で紹介していた。現在、そのETHは価値が1500倍以上になっている。

 

 テックビューロ、仮想通貨による資金調達ソリューション「COMSA」を発表 

企業が資金を集めるためのICOサービスをZaif取引所を運営しているテックビューロ社が行なうとのこと。

有名企業であれば銀行で資金を調達できるだろうが、どこの会社でも簡単に貸してくれるわけではない。そこで、仮想通貨のようにトークンを発行して、資金調達の手伝いをしてくれるサービスが生まれたということになる。このサービスでこれまで資金調達に苦労してきた会社も簡単に資金が集められるようになるのかもしれない。

同サービスを用いたICO第1号案件としてテックビューロの「COMSA」、第2号は、東証2部上場の「プレミアムウォーターホールディングス<2588>」が、第3号は「キャンプファイアー」がICO実施を予定している。

news.nicovideo.jp

www.ikedahayato.com

かつて、上記事にあるベルギービール屋がICOで東京進出のために資金調達をおこなったことがある。この時は、800万以上の資金が集まった。この資金調達の手伝いを何もわからない会社のために行なう、というサービスになる。

問題は、このICOがうまくいくかということだが、恐らく、日本初ということでモノは試しとうまく行く可能性がある。一方で、個人的にはトークンを所持のメリット、もしくは使い道がないとなかなか難しいかなとも思っている。 

f:id:moneygamex:20170805152859j:plain

場合によっては、Zaif取引所で取引されている現状のZaifトークンのように、1→5→0.1円という価格推移。つまり、最初は上がって、以降だらだらと下げ続ける可能性も十分ある。

もしICOに参加するのであれば、儲けるというより、応援するという感じで長期目線で参加して見ると良いだろう。

f:id:moneygamex:20170805154209j:plain

COMSAのICOの登録ページを見ると、紹介料があるようだ。つまり、このブログの下リンクから登録すると僕に報酬が入ることになる。

日本発のCOMSAの登録はこちらから可能です。

期間:2017年10月2日14:00(JST)-2017年11月6日14:00(JST)ということで、まだ先の話だが、応援を兼ねて、とりあえず登録だけは済ませた。資金をどれくらい投じるのかは、これから良く考えて投与したい。

 

ビットキャッシュ大幅下落

ビットコインは最高値を更新した。しかし、それに反してビットキャッシュ(BCH)は大きく下落した。

ビットコインに比べて、収益が割があわないためBCHを採掘するマイナーがいないのと、いくつかの取引所でBCHが配布されたり、送金できるようになったため、売りに出されたようだ。

f:id:moneygamex:20170805160042j:plain

一時は1BCH10万近くまで上昇したが、数日で2.5万付近まで落ちた。BCHは使い道がない通貨だと言われており、無価値になると一部で言われているが、わざわざ現状トップであるビットコインから分岐したほどの通貨なので僕はそう思っていない。どこで買い戻しがあるか注目している。

 

仮想通貨のこれから

 ビットコイン等の仮想通貨市場はまだまだ小さく、これからだと思っている。ただし、上のツイートのように数分で一気に下がることもある世界でもあり、リスクがあることだけは重々承知して欲しい。

従って、生活に必要な資金には手を出さず、余剰金で小額から試して見た方が良い

ビットコインは今回の分裂問題など下落を乗り越えて値をあげていき、徐々に世の中に影響が出始めているのも事実。最近はビットコイン以外のイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、他通貨も少しずつ浸透してきたと感じている。

 

www.youtube.com

Yahooニュースで連日のように仮想通貨の記事があり、先日、NHKで放送クローズアップ現代+にも仮想通貨が取り上げられた。「子供銀行」とまで揶揄された仮想通貨であったが、もはや仮想通貨の時代は近づいてきている。

このままビットコインがいくと11月にはビットコインのハードフォーク(※)があるが、すでに想定済みであり、それも乗り越え、どこまで仮想通貨が世の中に影響を与えていくのか楽しみである。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう


セミリタイアランキング