暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

破綻したビットコイン取引所「マウントゴックス」の負債額が戻ってくるか?

f:id:moneygamex:20170625194330p:plain

Yahooニュースで驚くべきニュースが舞い込んできた。2014年に経営破綻(はたん)した仮想通貨ビットコインの取引所「マウント・ゴックス」(東京)を巡り、債権者への配当をコインで行うことが検討されている。

マウントゴックス事件とは?

www.youtube.com

要は、マウントゴックス社の社長マルク・カルブレスが自分の取引所に預けてあったビットコインを不正に盗んだということで逮捕された事件である。

www3.nhk.or.jp

なお先日、NHKニュースWEBによると、マルク氏は未だに無罪を主張している。

 

マウントゴックスで破綻した負債額が戻ってくる?

headlines.yahoo.co.jp

さて注目の記事によると

2014年に経営破綻(はたん)した仮想通貨ビットコインの取引所「マウント・ゴックス」(東京)を巡り、債権者への配当をコインで行うことが検討されている。同社の資産のうち、コインの価値は破綻時の5倍に急騰し、債権総額456億円を上回っている。企業倒産に詳しい専門家は「聞いたことがない」としている。

 同社の破産管財人が今年3月に東京地裁に出した報告書では、同社の資産は現金10億円と約20万ビットコインコインは破綻時のレートで約120億円相当だったが、現在は約600億円相当に膨らんだ。同社の債権者として届けたのは世界で2万人超。当初は総額263兆円の債権届け出があったが、管財人が精査した結果、456億円になったという。

 つまり、現在のビットコインの価格が上昇したため、マウントゴックスで残っていたビットコインの価値が盗まれたとされる債権総額456億円をということである。

f:id:moneygamex:20170711215108j:plain

マウントゴックス事件があったのは2014年2月上グラフの赤丸の部分である。

つまり、マウントゴックスに残っていた資産の現金10億円と約20万ビットコインが120億→約600億円になり、債権総額456億円を返済できるつまり、ビットコインの価値が5倍に上がったため、マウントゴックスに残っていたビットコインだけで債権総額456億円を当時のユーザーに返すことができるというニュースである。

企業破産で債権者は債権額の一部しか配当が得られないことが多いが、今回は「満額配当」になる可能性もある。当時約3千万円相当のコインを預けていた関西地方の債権者は、配当を現金かコインのどちらで希望するかを尋ねる連絡を管財人から受け、将来の値上がりを見込んで「コイン希望」と答えた。

 しかも驚くべきことは全額返済があるということである。このような事例は、ビットコインが伸び続けているからこそできる芸当であり、このような前例は聞いたことがない。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

 


セミリタイアランキング