暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨時代へ ~お金の歴史が変わる時~

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

ビットコインを使った詐欺に注意!暗号通貨詐欺に合わないために気をつけたい6つのこと

f:id:moneygamex:20170625194330p:plain

先日、新規暗号通貨であるSTATUSの偽サイトが現れ、日本円にして約600万円以上が不正に集められたというニュースがあった。元記事は以下。

themerkle.com

ビットコイン等の暗号通貨を使った詐欺パターン該当例

f:id:moneygamex:20170628200017j:plain

金融庁などでもビットコイン等の詐欺の事例が書かれているが、この程度のことは詐欺業者に当然対策されており、あまり役に立たないと思う。そこで詐欺の事例を記載していく。

http://www.fsa.go.jp/common/about/20170403.pdf

↑金融庁が提示した詐欺事例。一応、目を通しておくと良い。

 

新規ICO(プレセール)

新規ICO、つまり新しい仮想通貨を購入する際には気をつけて欲しい。ビットコインのような暗号通貨はプログラムの基礎知識があれば誰にでも作成できるのが特徴だ。

ここ最近でのICOの資金調達の成功により、主な特徴もない新しい暗号通貨を発行し、新規ICOで資金を集めてドロンと逃げるような詐欺ケースが確実に増えるだろう。

確かに市場にでれば価値が上がるので、ICOをするなとはいわないが、誰でも簡単にICOで資金調達ができるので気をつけて欲しい。少なくともホワイトペーパーすら見ずに「儲かるから」という理由で手を出してはいけない。

特に海外サイトは非常に危ない。よく会社が存在していれば大丈夫というものを耳にするが、イギリスやロシアなどは法人登記があっても審査が甘いので当てにならない。

 

暗号通貨のMLM

MLMとはマルチレベルマーケティングといい、誰かを紹介すると報酬がもらえる仕組みだ。暗号通貨でこの仕組みがある場合は、怪しいと思っていい。MLMはアップと呼ばれる多くの人を誘った紹介者が利益の大半をもっていく仕組みである。MLMは物を売買するので厳密には詐欺にはならないが、特に後から参加したものは利益はでにくい。従って、新規参入者がそれほど見こめずにMLM方式の暗号通貨は広まらない可能性が高い。そもそも、本当に良いものであれば報酬などなしに自然に広まるものである。

 

海外の拠点

仮想通貨法案では、日本では法律で取り締まられるが海外に拠点があった場合、どうにもならない。日本の場合は、金融庁に電話して確認すると良い。

 

セミナー等での限定販売・取引所においていない通貨・買取保証

限定セミナーで売られている暗号通貨は100%詐欺。こそこそと売られており、ネット上でオープンにしていないのは明らかにおかしい。絶対に手を出してはいけない。また公開されているが、取引所においてない暗号通貨も同様だ。最近のものでは見られなくなったが通貨に買取保証など保証があるのもおかしい。

なお、2017年10月までは取引所で取引されていても安心はできない。現在、日本の取引所は法整備が追いついていないための猶予期間であり、10月まではこれまでの取引できるが、10月以降は法律を満たした取引所でないと取引できなくなる。日本では、10月から暗号通貨の取引は登録制になる。2017年10月以降は事業者が金融庁が認めた登録業者であるかを必ず確認して欲しい。

 

日利○%

「HYIP」という「High Yield Investment Program(高収益投資プログラム)」が一時期ビットコイン界隈で流行ったようだ。調べてみると、「日利8%」等の高収益な投資手法だそうだ。これは明らかに1920年代に生まれたポンジ・スキームという手法である。しかもMLMの仕組みがあるものがほとんどであった。話にならない。

ポンジ・スキーム - Wikipedia

そもそも世界一の投資家であるウォーレンパフェットですら年利22%ほどである。それを日単位で数%の利益をあげ続けるのは、年に数回なら可能かもしれないが、普通に考えてもそれを継続し続けることは不可能だとわかるだろう。そもそも、そんな手法が成り立つのであればパフェットを超えるものが必ずいるはずである。

 

著名人を使う

暗号通貨以外の投資案件でもよくあるケースだが、著名人を使うのは大抵アウトである。人は権威性に弱い。特にありがちなのは、芸能人と大物政治家。詐欺の典型パターンである。

 

 

最後に

これまでの新規ICOの成功から、特にプレセールで安く新しい通貨を買いませんか?という甘い言葉に騙されるといった詐欺が多発している。あまりにも成功しているので、これからますます増えると思っている。

そもそも、すでに現在存在してる取引所で暗号通貨を購入し、後は自分のウォレットにしれて管理すれば良いだけあって、欲に目がくらみ、市場に出るかすらわからない通貨を購入して業者に騙されないように気をつけてほしい。

 

暗号通貨はお金のイノベージョン。歴史を共に見届けよう

 


セミリタイアランキング